未成年者でもエステで施術を受けることができるのか?

未成年者が単独で契約することはできない

未成年者であってもエステに行きたいと思う人もいるでしょう。
エステに行きたいと思っていても未成年者が単独で契約を結ぶことはできないです。
それはどこのサロンであっても同様のことです、これは民法による規定で仕方がないことではないでしょうか。

未成年者がエステに通えないということではない

未成年者が単独で契約することはできませんが、未成年者がエステの施術を受けることができるかというとできるところが多いです。
未成年者でもエステの施術を受けることができるところはありますので、探してみればいいでしょう。
ただし、未成年者でエステの施術を受けるためには保護者の同意が必要になってきます。
同意がないと受けたくても受けられないというルールになっていることが多いです。

保護者の同意をどのように取るのかが最大のポイント

未成年者がエステに行く最大のハードルになるのが保護者の同意ではないでしょうか。
保護者の同意が簡単に取れるのであれば、エステの施術を受けることはそれほど難しいものではないです。
しかし、保護者の同意を取るのが難しいことが多いです。
エステに行くためにはお金がかかりますので、そのお金を誰が出すのかというと保護者が出すことが多いでしょう。
保護者としてはお金の負担がネックになります。

保護者の同意を確認するための方法は

エステサロン側としては未成年の利用者に対して、保護者の同意を確認する必要があります。
その方法として最も取られるのが、保護者が氏名や電話番号、住所などを記載し、捺印が押した同意書です。
保護者が書いた同意書を未成年者が持参して、サロン側がそれを本当に保護者が書いたかを電話にて確認します。
その他にも、保護者と未成年者がサロンに対して、無料カウンセリングを受けて同意するのかどうかを確認する方法が取られることもあります。

嘘をつくのは止めた方がいい

エステに行くことについて絶対に反対されるということであれば、保護者ではなく別の人に同意書を書いてもらったり、電話に出てもらったりすることが考えられます。
そういうことをしたとしても、保護者に対して嘘をついていることになりますので、決していいことではありません。
エステサロン側にも同様に嘘をついていますので、そういう行動をとる人を信用できるはずがないでしょう。
嘘をついてエステに行ったとしても、何かあった時に自分で責任を取ることができず、すべて保護者が責任を取らされる可能性が高いです。
それならば、エステに行きたいという旨をきちんと伝えた方がいいです。

小岩のサロンド プティ ロシェではリラクゼーションを受けられます