愛する人とも喧嘩することはあります

デートで喧嘩になったら

愛しい関係になり付き合いが長くなると、時には彼女と喧嘩をしてしまうことがあるかもしれません。
「喧嘩するほど仲が良い」という言葉は兄弟や友人等だけにとどまらず、恋人同士にもそのまま当てはまるようです。
何年も付き合っている仲であれば互いの長所や短所も良く分かってきますから、付き合い始めにはあった「必要以上に自分をよく見せたいという気持ち」が薄れてくるのも一因かもしれません。

喧嘩の原因

いくら互いが互いを好きだと思っていても同じ人間ではありませんから、意見の衝突があるのは、ある意味自然とも言えます。
喧嘩の原因は様々ですが些細な事から火がつき、口喧嘩に発展する例はよく見られます。
しかし楽しくなるはずだったデートが台無しになるのは、残念なこととしか言いようがありません。
相手を思いやる気持ちに欠けた行動は、喧嘩の原因になりやすいでしょう。
その背景には、仕事が忙しく精神的に余裕がない・出張や仕事などで会えない日が増えたなどが挙げられます。
ですから何とかデートする時間が出来ても、些細な理由で思いやる気持ちよりもこうしたストレスが上回ると、喧嘩に発展しやすい訳です。
すでに済んだことを蒸し返したり、相手の短所を指摘するなどすると、さらにややこしくなります。
そしてしばらくは互いに意地でも謝らないと意固地になり、連絡を取らない期間があっても短期であれば、仲直りするのも早いでしょう。

どちらが先に謝るか

しかし容姿・収入相当などのタブー領域に踏みこんでしまうと、恋愛とは間逆の感情が湧いてくるかも知れません。
こうなると仲直りするのが困難になるので、真意ではないのであれば避けるように最大限の努力をしましょう。
もし口にしてしまったら、速やかに謝る事が大切です。
よくありがちな喧嘩であれば冷静になれないため、相手が謝るのが当然という考えになりがちです。
また双方が自分の非を認めたくないがために、距離を取りすぎると別れざるを得ない結果になるかも知れません。
とにかく謝るべきだと思ったら、電話・メール、SNSなど手段を問わず、「ごめん」の一言を伝えましょう。

謝った後の対応も大切

謝ったら、それで終わりではありません。
相手の喜びそうなことをするのが一番です。
映画が好きなら好みのジャンルから選び映画チケットを入手しておく・スイーツが好きなら入手困難な品物をプレゼントするなどでOKです。
大切なのは、プレゼントはきっかけ作りに過ぎません。
お互いに良好な関係を築くように、尽くしていけばこの先も楽しい日々を過ごしていけることでしょう。

各務原市のPrimo Beauty&Relaxは定評がある美容室です