希望のヘアスタイルがあるなら写真を持参しましょう

視覚に訴えるのが最も効果的です

美容室を訪れるとき、自分がなりたいヘアスタイルをうまく美容師に伝えることができるか、悩む人も多いのではないでしょうか。
口頭で一生懸命説明したにもかかわらず、出来上がってみれば全くイメージと違っていたということも少なくありません。
そこでなりたいイメージが決まっているのなら、それに近いものやなりたいヘアスタイルが載っている写真を持参するのがおすすめです。
美容師にとっても時間をかけて話を聞いたのに、仕上がりに満足してもらえなければ落胆しますし、お互いにいい気持ちになることができません。
そのような事態を避けるためにも、ヘアカタログや雑誌の切り抜きを持参してもらうことは、美容師として大変ありがたいことなのです。
しかし人によって顔の形や頭の形の加減で、写真の通りに出来上がるとは限りません。
ただ、極力なりたいイメージに仕上げてもらうことは十分に可能です。

恥ずかしがらずに堂々と見せましょう

芸能人やモデルなどの写真を持って行くとき、こんな写真を見せたら笑われるかもと心配になることも多いでしょう。
きれいな人やかわいい人だからこんな髪形が似合うのであって、自分には到底似合わないと考えている人もいるものです。
しかし美容師は写真に写っている人物の容姿に興味があるのではなく、あくまでそのヘアスタイルがお客さんに合うかどうかを重視します。
写真のモデルの輪郭がお客さんに適するか、頭の骨格も調べて判断を行います。
お客さんの好みもその写真から読み取ることができるため、美容師にすれば写真があるとないとではイメージするのに天と地ほどの差があると言っても過言ではありません。
ですのでなりたい芸能人の写真が容姿とはほど遠くても、恥ずかしがる事無く堂々と見せて良いのです。
そうすることで美容師はなんとかして理想に近づくよう、努力してくれるに違いありません。

https://www.peace1010.com/yadokari.html

流行りは時代で巡っていきます

流行のヘアスタイルはいつも最新のものばかりではなく、時代を巡って再び流行ることもよくあります。
それは洋服の流行りと同じで、昔していたヘアスタイルが今人気になっているということも珍しくありません。
これは時代が移り変わっている証拠であり、若い人が美しいと思うから起きる現象とも言えます。
昔していたヘアスタイルが再び流行しているときは、その時代の写真を美容室に持って行くといいでしょう。
かつてのヘアスタイルに今風のアレンジも施されたヘアスタイルは、懐かしさと新しさが融合した仕上がりが期待できそうです。